プレスリリース2017

『開発センター』を 建設することを決定しました

当社は、新商品開発をより一層積極的に促進するため、
石川県白山市に『開発センター』を 建設することを決定しましたのでお知らせします。

1.建設の目的

当社石川工場では、半導体製造プロセスの前工程であるウェーハ検査工程で使用されるプローブカード用のセラミックス基板を製造しています。モバイル製品や車載用の先端半導体は、微細化、高集積化の技術が進展し、プローブカードには新しいタイプのセラミックス基板が求められています。

これらのニーズに応え事業拡大すべく、現石川工場近くの“山島工業団地”に『開発センター』を建設し、新しいプローブカード用のセラミックス基板の開発・製造拠点とするとともに、兵庫県尼崎市の関西工場と石川工場に分散している開発部門を集約し、さらなる新材料・新技術の開発を加速し、新商品を生み出す開発拠点として行きます。

2.建設の概要

建設場所 石川県白山市向島町1101番地
敷地面積 9,002m2
延床面積 1,554m2(予定)
着工 平成29年6月(予定)
操業開始 平成29年11月(予定)

開発センター 構想図

PAGETOP